• Uncategorized

    不動産の成功と気を付ける点

    物件を購入した際に、○○年経ったら物件を売却しよう、などという風に計画を立てて投資を行うかもしれませんが、いわば物件の状態はナマモノなので、予想外の変化を起こしやすいという事を念頭に置いておく必要があるとは言えそうですね。不動産投資の初心者を対象に投資を促す会社などでは、「物件を購入した後、長く保有し続ける」ということを推奨するところもあると聞いたことがありますが、現在の状況から考えるに、長く物件を持っておくことはデメリットだけが増加していってしまうと言わざるを得ません。 例えば、ライバル物件が建設されるなどして空室が増加する可能性があるとか、部屋の様々な什器が劣化する可能性があるとか、築年数が経過するにつれて家賃が大幅に下落していくといったことが挙げられるでしょう。加速する物件の経年劣化にたいして対策を取り続けるのは困難を極めます。そのため、適切なタイミングでスピード感をもって売却に臨むことが求められるのです。不動産投資で必勝するためには、「物件の立地を優先的に見る」ということが常に求められるのです。つまり、入居を希望する人が絶えないような立地にある優良な物件などは、空室などのリスクが大幅に下がります。そのような物件では、ひとたび人が物件に入ってしまえさえすれば、すぐに出ていってしまうということもそれほど多くはなく、入居者を呼び込む宣伝をするための費用などもあまりかからないのが魅力的です。

  • Uncategorized

    物件の魅力とは

    これから自分が購入することになる物件に、どのような性質の人に入居してほしいか(例えば学生、会社員、一人暮らし、女性専用など)をあらかじめシュミレーションしておくことが、必ず必要と言えるでしょう。裏を返せば、自分が狙う入居者にとって「魅力的」に映るためにはどうすればよいのかを考えるということでもあるからです。敵を知る、ではありませんが、立地やその土地の歴史を紐解けば案外どんな人が住んでくれそうかは想像できそうなものだと言われます。しかし、これほどまで入念に入居者の立場に立って対策をしたとしても、残念ながら、失敗する時には大きく失敗をしてしまうのも、また事実なのです。 それでも、不動産投資の様々なリスクを最低限に抑え、しっかりとリスクヘッジを行うことは、不動産投資を問わず全ての投資の基本であると言えます。特に、不動産投資は、株やFXと比べて、相当に長期的な思考が必要な投資ですから、このようなリスクヘッジは、常に頭の片隅に置いて意識しておかなければならないと言えそうですね。他にも、あなたが購入した物件の近くに、ライバル物件が出現してしまうというケースも、競争の激しい土地などではよく見受けられます。このような場合では、入居しそうな人を、他の不動産会社や不動産投資家などに一気に取られてしまう場合もあり、予定通りの入居者を見込むことができなかった、などということもあるようです。この対策は、割合簡単で、その他の物件よりも、より魅力的になるように様々な策を講じていくということに尽きるでしょう。近年、そのユニークな策として挙げられているのが、入居者に現物として家電などをプレゼントするというものです。特に初めて一人暮らしを始めた人にとっては嬉しいものかもしれませんね。

  • Uncategorized

    利回り計算はとても大切

    一般的な貯金の利回りは、ある一定のお金を貯金した場合に年間どのくらいの金利がつくのか、ということです。不動産投資においての利回りも「一定額を投資して、年間どれだけの家賃収入が得られるのか」をいうことを表してくれます。 不動産の利回りについては2通りあり、「表面利回り」と「純利回り」です。年間の家賃収入÷不動産の購入金額という計算式で求められるのが表面利回りです。表面利回りは投資の入り口で判断する貴重な材料となりますが、あくまで概算です。具体的な投資の適性を判断するには純利回りが必要になってきます。実質の投資金額に対してどれだけ純利益を得られるのか計算したものが純利回りになります。不動産投資の命そのものと言っても過言ではない利回りは、正確に純利回りを算出しなければいけません。そのうえで他の投資商品と比較など行い、物件の投資に見合うか見合わないのかすらまで判断しなければなりません。不動産の投資にはあらゆる経費や税金が関わってくるので注意が必要なのです。 流動性の低さや元本の保証がない、管理やメンテナンスの必要性があるのが不動産投資です。他の金融商品にはない、デメリットとも言えるものです。このリスク分をリスクプレミアとして、幅が何パーセントであれば適正なのかは各々が求める所によって変わってくるでしょう。十分なリスクプレミアが乗った純利回りの物件を探し出さなければいけないことを頭に置いていてください。高い利回りにはそれなりの理由があり、将来のリスクを反映している可能性が高いということも念頭に置いて、自分が投資するに値する物件かどうかなどを判断しなければならない世界が不動産投資の世界のようです。

  • Uncategorized

    まずは1にも2にも貯金

    何はともかく、まずは先立つものがなければ何も始まりません。全てのスタートは「貯金」と言っても過言ではないでしょう。貯金でチャンスは幾重にも広がるのです。自分で汗水たらして働いて貯めたお金。それはとても大事な資産です。自己資金、預金を持たずに他人のお金で事業を行おうとすることは、たとえどんなに優れたアイディアがあったも成功する確率は低いのかもしれないと言われています。 投資のためにはまず貯蓄が、原資となる貯金が必要不可欠です。投資だけでなく、やむを得ない事情で職を辞したときにも必要になるのはお金です。他の道へ転職、新しく歩み始めるさいに必要になるのもお金です。まとまった貯金は経済的にも精神的にも大事な支柱になり、自分自身の後ろ盾になってくれるものではないでしょうか。 1にお金、2にお金、3、4がなくて5もお金、まではいかないとしても、貯蓄があってこその投資です。銀行から全額借り入れることもできますが、ハイリスク・ローリターンな結果になることが多いそうです。特に不動産投資ですので、将来的な家賃収入を描いて借り入れても、月々の返済額と家賃収入を差し引くと手元に残るのは幾ばくかのわずかな額、なんてこともおかしくないでしょう。そのためにも、何度も口を酸っぱくして言われるのが貯蓄の大切さなのです。 可能であれば今すぐ貯金を始めてみましょう。結果的に投資を行わないという場合でも、前述したとおり潤沢な資金は精神的にも大切な後ろ盾になってくれるでしょう。貯金の習慣を身につける、ということが様々な分野でも後々大活躍してくれるかもしれませんね。小さなことからコツコツと。それが不動産投資の秘訣かもしれません。