Uncategorized

不動産投資に必要なこと

不動産投資に必要なことをまとめると「熟考」「決断」の二つに集約できるのではないでしょうか?「熟考」とは、しっかりと不動産投資の知識をつけて、物件の取得、運用、売却に臨むということでもありますし、「決断」とは、いわゆる優良物件を見つけた際に思い切ってその物件を購入するという思い切りの良さです。決断力は確かな知識の裏付けがあってつくものだと考えると、「熟考」と「決断」は実はつながっていると言えなくもないのではないでしょうか?

結局のところ、決断をするには熟考が必要不可欠(不動産投資に詳しくなるほどこう考えるはずです)ですし、熟考するにはあるていど選択肢を絞るために決断する必要もあるでしょう。全ての作業がこの二つの対立によって成立していると考えれば、おのずとあるべきことは見えてくるのではないでしょうか?そして、これに付け加えるべき重要なことと言えば「人脈」でしょう。不動産投資を始めた理由がどうであれ、基本的には投資を一人でやっていくことになるわけです。そして、あなたの投資の「クオリティー」が上がれば上がるほど、より高度な駆け引きを求められるようになるでしょう。この際にまず間違いなく生じるのが進路の悩みです。「どちらの物件が良いのだろうか?」「この道で正しいのだろうか?」「自己資金はどれくらいストックしておけば…」など、人によって生じる問題は様々ですが、そのようなときに、不動産投資セミナーなどを通じて知り合うことが出来た、投資の識者に相談することができれば御の字なのです。この際、自分と同じような悩みを乗り越えてきた人に相談することが出来れば解決はなお近づくと言えそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *