リフォーム
Uncategorized

物件のリフォーム

たとえあなたが常にリフォームを欠かさず物件を綺麗に保っていたとしても、入居者の傾向として、築年数が経っていない物件を、新たな入居の対象とする傾向があります。そのため、あなたが物件を取得したり、建ててから10年くらいまでは、何もしないとしても、人が入ってきやすい状況を、ずっと維持することができるのですが、残念ながら数十年たったりしてしまうと、人気の立地条件では、あなたの物件の評価が下がっていることを狙って、ライバルの会社などが優良な物件を立ててくる可能性すらあるのです。このようにして、計画が立ち行かなくなってしまっては、あまりにももったいないと言えるのではないでしょうか?要するに、あらゆる事態を想定して、売却までこぎつけないといけないわけですから、長期的な思考が必要と言えるわけです。

ちなみに、不動産投資の最終的な目的は、売却を行い、その後にいくら純粋な手残りが残るか?ということなので、非常に単純な話になりますが、「不動産投資は終わりよければすべてよし」と言えるのです。 売却の段階では、買い手となる人と、何度も何度も交渉を重ねることになるのですが、直前になって焦るのはあまり良くなく、善良な買取手を探すためには、常にアンテナを貼っておき、情報を収集する必要があると言えるでしょう。幸いにも、もしもあなたが物件の流動的なエリア(いわば立地条件が良いとされるような都心などのエリア)にマンションなどを取得していた場合、いわゆる市場の相場価格と、ほぼ同額で売ることができる可能性が高まりますが、残念ながら、物件があまり流動しない、いわば物件の流れが止まっているエリアでは、少し苦労するかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です