Uncategorized

利回り計算はとても大切

一般的な貯金の利回りは、ある一定のお金を貯金した場合に年間どのくらいの金利がつくのか、ということです。不動産投資においての利回りも「一定額を投資して、年間どれだけの家賃収入が得られるのか」をいうことを表してくれます。
不動産の利回りについては2通りあり、「表面利回り」と「純利回り」です。年間の家賃収入÷不動産の購入金額という計算式で求められるのが表面利回りです。表面利回りは投資の入り口で判断する貴重な材料となりますが、あくまで概算です。具体的な投資の適性を判断するには純利回りが必要になってきます。実質の投資金額に対してどれだけ純利益を得られるのか計算したものが純利回りになります。不動産投資の命そのものと言っても過言ではない利回りは、正確に純利回りを算出しなければいけません。そのうえで他の投資商品と比較など行い、物件の投資に見合うか見合わないのかすらまで判断しなければなりません。不動産の投資にはあらゆる経費や税金が関わってくるので注意が必要なのです。

流動性の低さや元本の保証がない、管理やメンテナンスの必要性があるのが不動産投資です。他の金融商品にはない、デメリットとも言えるものです。このリスク分をリスクプレミアとして、幅が何パーセントであれば適正なのかは各々が求める所によって変わってくるでしょう。十分なリスクプレミアが乗った純利回りの物件を探し出さなければいけないことを頭に置いていてください。高い利回りにはそれなりの理由があり、将来のリスクを反映している可能性が高いということも念頭に置いて、自分が投資するに値する物件かどうかなどを判断しなければならない世界が不動産投資の世界のようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *