立地は大切

何よりも最重視しなければいけないものがあります。それは「立地」です。最も重要なポイントとも言えるでしょう。不動産は物件自体が変化し、自ら価値を増大して利益を得ることはできません。一番最初、最初の一歩目の「どこの立地に何を買うか」がとても大切なのです。

しかしそういう立地を探すのは案外難しいと思われるかもしれませんが、画期的な簡単な方法があるのだそうです。それは女性誌が特集するような場所です。ショッピングに便利かつ環境づくりがよくて、都心に近いエリアなんかがよくピックアップされますね。そのエリア時代に良い投資物件が見つからなくても、その沿線や周囲エリアで探してみると、意外と見つかるものなのだそうです。

ここで人気が10年20年続くエリアを探すことがまた重要な点になります。せっかくの物件も少子高齢化が進む日本で、住む方が減っていけば家賃収入はどんどんなくなっていきます。まずは役所に行き、その地域の人口統計と年齢別の人口の変化をみてみてください。これはとても大切なことです。人口が増えているのか、どの世代が増えているのか、どの世代が減っているのか。この人口統計を見ることによって将来を予見することが可能になるのではないでしょうか。

人口統計はインターネットでも閲覧できる場合がありますが、役所に行けば一般の人間でも簡単に調べることができます。そしてもう一つアナログではありますが堅実な方法が。そのエリアに長く住んでいる方、生まれ育った方の意見を聞くことです。生の声というものは何よりも強いと言っても過言ではないでしょう。地元の方が言う○○は人気がちょっと・・・なんて声はインターネットでは聞こえてきません。アナログな手法もどんどん活用していきましょう。