相場と空室状況を調べる

空室状況や相場を調べることは投資する側にとって大切なことですよね。実勢の賃料を調べるのに有効な方法の1つとして、自分で借りるふりをするというのがあります。そうして賃貸業者をまわるのです。地味な方法に見えますが、不動産投資の下準備はどれも地味でコツコツと積み重ねた努力がものを言うのでしょう。なので足で情報を稼ぐことも重要です。ゼンリンの地図を持って周辺を歩き回ります。このとき気になる施設、音や臭いが出るもの、24時間操業しているような場所をチェックします。反乱の可能性や臭いの原因になりそうな河川もくまなくチェックすることが大事です。最寄り駅から物件へ、昼と夜、休日と平日、歩いてみてみましょう。実際に借りた人が歩く道です。気になることはないか事細かく注意して見てみましょう。

内見できない賃貸も中にはあります。満室の場合などですね。そういった時は、平面図や間取りや建築確認申請図面を見てある程度の事は想像できます。けれどそれはあくまで想像です。実際に聞き込みをしてみることが有効な手段の1つになります。とても地味な手法ですが、何事も一歩一歩堅実に!住人のかたを見かけたら直接声を賭けてみましょう。「今度このマンションに引っ越してこようと思っているのですが」から始めると良いかもしれません。そうして実際に住心地、防音状況や日当たりなどを聞いてみるのです。生の声はどの状況においても大事ですし、この場合実際にその賃貸にすんでいるのでとても大きいです。住人の声には図面からは読み取れない情報がたくさん含まれています。面倒なことがたくさんあるかもしれませんが、将来の事を考えればこれくらいどうということはない!と行動してみてはいかがでしょうか。