心構えを大切に

不動産投資における心構えは「地道な努力」。それだけしかないそうです。天賦の才能を持った人間は、投資対象を見つけるという点では存在しないそうです。頼りにしたい運もあまり関係がないとか。コツコツと地道に努力を続けた人間こそが優良な物件と出会うことができます。そうして経済的な自由への道はそのコツコツと積み重なった道と合流し、開けてゆくのだそうです。

一生懸命練習したからといって、皆が皆プロのスポーツ選手になって、例えばオリンピックで金メダルを取ることはできません。たくさん勉強を重ねたからといって皆が皆有名な学校に進学できるわけではありません。けれど一生懸命練習をしなければ金メダルはとれないし、たくさん勉強をしなければ有名な学校に入れるということはないのです。不動産投資も同じことで、地道な、コツコツとした努力の積み重ねが期間を経て花開くのです。努力はときに厳しいものです。投げ出してしまいたくなる時もあるかもしれません。けれどそこで投げ出してしまえば可能性は潰えてしまいます。将来的な経済的自由を手に入れるという、花開いた未来は地道な努力の上に咲くものです。

まずは大事にしたいのは「縁」です。1つの良き会社、1人の良き担当者。そういった縁を結んでみましょう。誠実かつ物件収集能力があるという意味合いで「良き」会社や担当者との縁を結べるように努力してみましょう。プロのかたでも10の良き縁があれば独立ができ、上場には20の良き縁があれば可能、5つのよき縁で食べていけるという業界なのです。いきなり5つは欲張り過ぎなので、まずは1つの良き縁。だいじにすべき特別な縁を見つけられるように頑張ってみましょう。